~Talking about you,listening about me and,seeking about us~


by nought-etcetera-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

shiawase no kotori


大空をとぶ あなたは
   
   自由を愛する青い鳥


わたしは

   あなたの側の黄色い小鳥



  ずっとずっと
  過去から未来へ
  今という風のなかで
  


 “幸せの黄色いカナリヤ”
 
  あなたの側で愛をさえずる

c0104380_1303051.jpg




ずっと   ずっと   いつまでも




 
[PR]
# by nought-etcetera-k | 2007-01-23 01:30 | kotobauta

やさしいキスをして

好きだなと思っていたDreams come trueのこの曲を借りてきてはじめてフルで聴いたら、意外にコブシがきいた曲だったのね。

やらないといけないことはたくさんあるんだけどね・・・う゛ぅー。体調もう゛ぅーって感じ。。。

もー!>Д<

(・∧・。)





あなたの一日が終わるときに そばにいるね

髪を撫でて 肩を抱いて あなたが眠るまで

電話してくれたら 走って行くから

息を切らし 指を冷やし すぐ会いに行くから

この出逢いにやさしいキスを これが運命なら




c0104380_1531181.jpg
[PR]
# by nought-etcetera-k | 2007-01-21 15:31 | Day

ここにしか咲かない花


何も無い場所だけれど ここにしか咲かない花がある
心に括りつけた 荷物を 静かに降ろせる場所

あなたの笑い声は よく聞けば 波の音でした

寂しさ隠せずにいるなら 一人になればいい

ささやくほどの声で呼んでいるのは いつも同じ名前

あの優しかった場所は今でも
変わらずに 僕を待ってくれていますか?



影が教えてくれるのは そこにある悲しみだけじゃない
俯く顔を上げて 振り返れば
そこにある光に気づくだろう

同じ数の出会いと別れ でも割り切れなくて

余るほどの想い出をいつまでも 胸に咲かせながら
雨上がりの道は泥濘(ぬか)るむけれど

今ここに 生きている証を刻むよ


(ここにしか咲かない花 ここにしか吹かない風
ここでしか聴けない歌 ここでしか見えないもの…)










コブクロの『ここにしか咲かない花』
昨日初めて聞いた。
もうメロディは覚えていないけど、歌詞が忘れらず、心に残ってしまった。

こういうことなんだろうなって思った。
きっと。こういうことを感じているんだろうな。
たくさんある出逢いと別れ。そして、わたしもまたそのなかのひとりであるように。
泣くんだろうか。
あまりにも私は弱虫である。ひた隠しに過ごしている。
いつか、君じゃなかったんだって行ってしまうような気がして。いつか夢で見たように。
どこにでもいる。溢れかえった存在なんだと。なにもわたしである必要はないと。
それでもいい。自分に出来ることはないようなものだから、一緒にいる時間、居心地のいい場所であればいい。
こんな自分と時間を共有してくれたことに一番の価値を。
いつでも、いつまでも待っていよう。
あなたがしてくれたように。
逢いたいと思ってくれるなら。
叶うことなら、逢いたいと思ってもらえる存在になりたいけれど。
あなたが逢いたいと思ったときにいつでも迎えられるように、窓は開けておこうと思う。
我儘は言わないわ。
どうしているだろうと思い馳せてくれることを願って。

どこにいるんだろう?私は?あなたは?
あなたにとって、私は?

あなたの中の私は笑っているだろうか。

出逢ったのだから、ここでしかないものがあると感じてもらえたら。
私では埋められないこともある。その反対に、私にしか出来ないこともあると信じたい。

緑がそよいだ瞬間に
街の灯りがついた時に
カーテンに薄くのびる朝日を感じた瞬間に
私を思い出したとき、私の声が風の 波の 季節の 音であればいい。
[PR]
# by nought-etcetera-k | 2007-01-17 14:55 | Day

小さな可能性

もうこれ以上、何を書けばいいのだろう。
何を伝えればいいんだろう。

何を伝えれば、彼に安心が訪れるだろうか。
私に出来ることなど、あるのだろうか?

忘れてしまっていた。
このまま忘れてしまうところだった。
“笑っていよう”と決めたんだった
どんなことがあっても

私の笑っている顔をあなたが思い出すように。
あなたが思い出すのが、私の笑っている顔であるように。
[PR]
# by nought-etcetera-k | 2007-01-09 05:02 | kotobauta

いまここに

最近、あたしの周りの遠距離カップルが別れていくみたい・・・
『彼女は苦しかったみたいで・・・』って。


離れているのは、苦しい。苦しいよ。今だって。今も、苦しい。
だけど、だからってどうして別れることを選んだんだろう?

別れたら、もっと苦しいじゃないか。
その人がいるから その人のことを考え、想いながら生きてゆける。別れたら、苦しさが解決するんだろうか・・・。



むしろ、


問題なのは、離れていることを仕方のないこととしてしまっているあたし。始まりから離れていたから?離れることから始まったから?分からない。
だけど、やっぱり一人はくるしい。。。
そして、離れているのはさびしいし、かなしい。
“かなしい”
あの日、別れ際キスをした改札とか
あなたが肩に頭を乗せていたエレベーター、カウンター
あたしが撮る写メをのぞきこんでいたときや
あたしが靴を履く間、あなたは外に何を見ているんだろうと思ったこと
 そんなことを思い出す。



剥がれ掛けていた爪は、元に戻ってきていた。
いつの間にか再生していた。
いつの間にか、肌は冬仕様になってしまっていた。
いつの間にか
 こんな時間。
もう、行かなくちゃだね。帰る時間だね。
さぁ帰ろう。二人、別々の場所へ。
別々だけど、離れはしないよ。


c0104380_452478.jpg

[PR]
# by nought-etcetera-k | 2007-01-09 04:53 | Day

夜に

どうしようもなく、どうしようもなく
どうしようもなく泣いた

どうしたらいいのかわからずに泣いた

あなたが遠くにいってしまうような気がして泣いた

わたしがなんにもわかってあげられないことに泣いた

どうすることも、どうすることも
どうすべきかもわからずに
[PR]
# by nought-etcetera-k | 2006-12-19 01:51 | Day

薄情者

その人はその人としてその人であって、
あたしの入り込む余地なんてないんじゃなかろうか。

なにからなにまで望んではばちが当たる。
[PR]
# by nought-etcetera-k | 2006-12-10 01:50 | Day

mon amour

私が、『誰よりあなたを愛しています』と言ったからといって、
あなたが誰より私を愛さなければならない、という訳ではない。
それは無償の愛か?

その一言で片付けてしまうのはなんだかやるせないので、
この愛は進行形であると考える。
しかし、進行形であって進行していく過程で
過去形になるものではない。
過去から現在、そして未来へつづく
終わらない現在完了なのだ。
[PR]
# by nought-etcetera-k | 2006-11-27 01:58 | Day

あたしたち

散歩を忘れた犬がいた
恋を忘れたネコがいた
鳴くのを忘れた小鳥も一匹
道を忘れたあたしのとなり
だまって静かにすわってた
(頭を忘れた学者がひとり
あたしを診察にきたけれど
治し方まですっかりだった)
あたしは途中でバターをみつけた
涙を忘れたバターだった
ついでに塩気もなくしてた。
予定を忘れた今日のあたしは
忘れてどこかへ買い物に
はいったお店で何を買うのか
欲しいものも忘れたけれど
あたしはひとつ人形を買った
心をわすれた人形だった
目もどこかへ忘れていたけど
あたしはきっとかわいいと思った。
何故だかそれはふっと浮かんだ。
家(うち)がどこだか忘れたあたしは
ゆっくりぼけぇと歩いてた
拾ったバターと人形抱いて
もうちょっとであたしの指は
抱き方まで忘れるところだった。
いきなりあたしの目の前に
見たこともない車が止まった
きっと知ってる車の名前
今のあたしは忘れてた。
車の中に男がひとり
ただだまって乗っていた
ナンパの仕方も忘れてた
あたしは社会のジョーシキも忘れ
そのまま車に乗り込んだ。
ほらね、
〝ジョーシキ〟って、どう書くんだっけ?
男はなんにも言わなかった
だって声を忘れていたから。
帰るところも忘れてた
仕方がないからあたしたち
そのまま座席に座ったっきり。
キスのしかたも忘れてた。
何分経ったか忘れたけれど
男はこっちをじっとみてた。
とてもキレイな“おめめ”だった。
あたしはそれだけ覚えてる。
さっき買ったお人形に
あたしはその目をみせてあげた
とてもかわいいと思ったから
大きすぎるくらいだと今気付いたから。
お人形はこう言った

『これ、ずっとさがしてた』

男は声を思い出した
『ずっときみをさがしていたよ』

道を忘れたおろかなあたし
短いまつげはいとしい涙を忘れなかった。
あたしが泣いて
涙をおとして
その一粒がバターにおちて
バターはもとの
塩味になった。
そして最愛
食パンのもとへ走っていった。
ころばないでね お人形が心から言った。
道を忘れたおろかなあたし
彼に一言こういった
『どうして忘れていられたのかしら』

ずっと探していた腕だった。
小鳥は歌をうたい出し
猫は愛に身を焦がし
犬は主人と散歩に出かける
あたしは道を思い出した。


失くしたんじゃなくて、
忘れていただけだから。


      1.25.SAT
[PR]
# by nought-etcetera-k | 2006-11-07 01:06 | いつかのいつか

(無題)

行きなさい。
前へ向かって、歩きなさい。

大丈夫。

きっと、うまくいく。

だって そうでしょ?

つらくなったら休んでもいいけど
少しくらいなら立ち止まって 迷ったって
いいけど。

進むこと、忘れちゃだめだよ。
そしたら思い出してね。
たまには少しくらい
振り返ったって、いいよ。
私たち みんなここでみてるから

   Good&Godheaven
      
[PR]
# by nought-etcetera-k | 2006-11-07 00:33 | いつかのいつか